Asahiyama Senmonten Izakaya Yanjirobei

Brought to you by 朝日山 FM NIIGATA77.5MHz

匠のお店紹介

夫婦で営む「うめたつ」はカウンターで呑むのがおすすめ。

個室風のテーブル席もあります。

1週目は「朝日山 百寿盃」で乾杯〜!

盃が空くとすかさず注ぐ匠の奥様。女将の鏡です。

女将Meguも早速実践。匠の井浦さんは朝日山が大好きだそうです!

井浦さんは30数年も古町界隈で腕を振るう大ベテラン。

さて、今宵の究極の料理は…

店の看板メニュー「静岡おでん」。本当に黒い…

アテの定番「刺身3点盛」

来週もよろしくお願いします。中〆の乾杯〜!

2週目は「朝日山 純米吟醸」。そして出てきた料理は…

匠・井浦店主自慢の「出汁香る〜茶わんむし」

そして今や高級魚の「ギンダラ焼」

出汁のきいたトロトロ熱々の茶わんむしに大興奮の二人。

「未だにケンカする」と言いながらも阿吽の呼吸の井浦ご夫妻。

名残惜しいですが、〆の乾杯です。

二人仲良く、末永くお店を続けて下さい!

前へ
次へ

うめたつ

2018年6月にリニューアルオープンした「静岡おでん」が名物の居酒屋さん。
店名は以前と同じながら、柔らかいイメージにしたいと漢字からひらがなへ変更したそうです。
静岡おでん以外にも定番の居酒屋料理がズラリ。
30数年、古町界隈で腕を振るっている匠・井浦さんが腕によりを掛けた、確かな料理の味をぜひご賞味下さい。

 

★今宵の朝日山は…

1週目 <朝日山 百寿盃>

飲み飽きしない家飲みの定番品として、新潟県で長年親しまれているお酒です。
さらっとした口当りでのど越しが良く、毎日の晩酌に最適です。

 

2週目 <朝日山 純米吟醸>

透き通った穏やかな香りで、口に含むと爽やかなうまみを感じる純米吟醸酒です。
冷酒でもぬる燗でも香味の良さを楽しめます。

 

 

★究極の料理は…

1週目 <静岡おでん> 1種・150円〜

大将ヤンも女将Meguも初体験。
真っ黒なスープや独特な食べ方で有名なおでんです。
スープは牛スジのダシと濃い口醤油が主で、塩は入れないのだとか。
見た目は濃そうですが、意外とあっさり味。
じっくりと煮込まれ、黒いスープ色にしょんだおでん種に「おでん粉」(だし粉・青ノリ等がミックスされた調味料)をたっぷりと掛けて食します。
味は… ぜひお店で確かめて下さい!
定番の黒はんぺんと牛すじがおすすめです。

 

1週目 <刺身3点盛> 980円

居酒屋メニューの定番中の定番。
この日は「平目」「生たこ」「ブリ」を出していただきました。
ブリの厚さに、匠のやさしさを感じました。

 

2週目 <出汁香る〜茶わんむし> 450円

うめたつの前に営んでいたお店でも人気だった匠自慢の逸品。
卵液はカツオ出汁が多めで、さらに注文を受けてから作るためトロトロの熱々が出てきますので、火傷に注意してください!

 

2週目 <ギンダラ焼> 780円

今や高級料理となってしまいましたが、ちょっと前までは居酒屋の定番メニューでした。
濃い口醤油を使った調味液が一般的ですが、匠は薄口醤油を使い、素材の旨味を引き立つように仕上げているそうです。
柔らかくまろやかでぷりぷりとした口当たりは、お酒の肴にぴったりです。

 

場所 新潟市中央区古町通9番町1468-3
TEL & FAX 025-311-7852
営業時間 17:30〜24:00
席数 18席
定休日 日曜・祝日
ヤン次郎兵衛の一言 井浦ご夫妻の、飾らないさっぱりとした人柄に終始楽しい時間を過ごせました。
30数年も古町でお店を続けられるのは、料理の味も大切ですがやっぱり人なんだなと、しみじみ思った夜でした。
ポッドキャストを聴く

ACCESS