Asahiyama Senmonten Izakaya Yanjirobei

Brought to you by 朝日山 FM NIIGATA77.5MHz

匠のお店紹介

カウンターは杉の1枚板。雰囲気は完全にBar。

個室は合コンユースにピッタリ。

匠の太古さん。イケメン!

お通しの定番「鶏団子スープ」が絶品!汁物に朝日山純米酒もイケますよ。

ZIMONの看板メニュー「やきとり」。いろんな部位を楽しめます。

朝日山純米吟醸をワイングラスで呑む!

箸休めは洋風な「おつまみ盛り合わせ」

「越の鶏ササミのタタキ」炙り明太子と一緒に!!

石鯛と大葉の「土鍋炊き込みご飯」

日本酒の〆としては言うことなし!

焼き鳥は奥が深かった!

前へ
次へ

炭火鶏や ZIMON

新潟駅前の繁華街から少し離れたオフィスビルの1階にある、ちょっと隠れ家的なお店。
インテリアも ”ここが焼き鳥屋?” と思うようなお洒落なバー風になっています。
メインメニューの焼き鳥には新潟県産の鶏を使い、多彩な部位を提供。
味付けも塩とタレだけでなく、香草なども使い一工夫しています。

 

★今宵のおススメは…

1週目 <朝日山 純米酒>

飲み応えとキレの良さが両立する純米酒。
冷たくしてスッキリ、常温で味わいがあり、ぬるめのお燗では味のふくらみが更に増します。
お料理と飲む温度の組み合わせでより一層楽しめます。

 

2週目 <朝日山 純米吟醸>

透き通った穏やかな香りで、口に含むと爽やかなうまみを感じる純米吟醸酒です。
冷酒でもぬる燗でも香味の良さを楽しめます。

 

★究極のメニューは…

1週目 <お通し(2品)> 500円

ZIMONでは、名物「自家製鶏団子のスープ」と「旬の食材」を使った2品をお通しで出しています。
特に、化学調味料を使わず飽きの来ないアッサリ味に仕上げられたスープは、常連さんに大人気のひと品です。

 

1週目 <ZIMONのやきとり> 1本100円より

鶏肉は全て新潟県産を使い、一番美味しく食べられるよう部位によって味付けや焼き方はもちろん、添えられる薬味も変えています。

 

2週目 <おつまみ盛り合わせ>

この日は、聖籠産さくらんぼ・越後姫・自家製レバーペースト・イタリア産プロシュートの盛り合わせ。
聖籠産さくらんぼにプロシュートを巻いて頂きましたが、初めての食味・食感!
洋風なつまみにも朝日山純米吟醸はイケますよ!

 

2週目 <越の鶏ササミのタタキ(炙り明太子と一緒に)> 780円

低温調理でじっくりと熱を通した「タタキ風」の刺身。
ZIMONでは炙り明太子が添えられ、一緒に巻いて食べると相乗効果で
うま味倍増!
また、味の濃い播州百日どりを使っているので、噛めば噛むほど味が出てきます。

 

2週目 <石鯛と大葉の土鍋炊き込みご飯> 1100円より

注文を受けてから土鍋で炊き込みます。
この日の具材は「石鯛」と「大葉」。
混ぜる直前に軽く炙って溶かされた石鯛の脂がご飯にしみ込み、何杯でも食べられそうなほど美味しかったです。

 

場所 新潟市中央区東万代町1-22 風間ビル1F
TEL & FAX 025-385-7865
営業時間 17:30 〜 翌1:00(LO・0:00)
席数 30席(テーブル8席/カウンター8席/個室14席)
定休日 日・祝
ヤン次郎兵衛の一言 イケメンな幼なじみの男子2人で切り盛りする「ZIMON」さん。
「いつも ”自問自答” を繰り返し最高のパフォーマンスでお客様をお迎えしたい」をモットーに、店名も自問自答から「ZIMON」と名付けたそうです。
なかなか食べたことのない部位と味付けで「焼き鳥ってこんなに面白くて旨いんだ!」と思わず感涙。
雰囲気がおしゃれなので女性客が多いと思いしや、ほとんどがサラリーマンのおじさん達というのも納得しました。
ポッドキャストを聴く

ACCESS