Asahiyama Senmonten Izakaya Yanjirobei

Brought to you by 朝日山 FM NIIGATA77.5MHz

匠のお店紹介

1週目は「朝日山 純米大吟醸 越淡麗」を冷やで。

「おまかせ刺盛り」は8種類の鮮魚が楽しめます。

「のどぐろの炙り」は+100円で変更可能!

刺身に目がない釣り好きの大将ヤン。

2品目は希少な食材「白皇鮃の昆布締め」

鹿嶋料理長が腕を振る越後一会な料理は美味絶品!

2週目は「朝日山 純米酒」をぬる燗で。

Megu女将が一目で憧れた匠の天野店長。

目上の人より下で乾杯するのはちょっとしたビジネスマナー。

大将も女将の初体験「もずくのしゃぶしゃぶ」

料理長自ら調理してくれました!

極太で食べ応えのある佐渡の「男もずく」を使用。

こちらの「ミズダコ」も佐渡物です。

しゃぶしゃぶするのはわずか3秒!ふわっと開くのは料理長の包丁技。

天野店長おすすめの〆は「そうめん」

もずくの旨味がでた出汁を麺にたっぷりと吸わせます。

優しい味が体中に染み渡ります!

もうひと品は上越のソウルフード「するめの天ぷら」

美味しい料理と心配りの接客でお腹も心も満たされました!

前へ
次へ

越後一会 十郎

越後新潟の食材と海鮮にこだわった越後一会の料理をじっくりと味わえる和食居酒屋。
心を込めたおもてなしと趣ある和空間で、ワンランク上の贅沢な時間を過ごせます。
県外からの観光客や出張で新潟に訪れるサラリーマンにも大好評のお店です。

 

★今宵の朝日山は…

1週目 <朝日山 純米大吟醸 越淡麗>

ふんわりと漂う華やかな香り、口の中でふくらむ芳醇なうまみが特長の純米大吟醸酒です。
新潟生まれの酒米「越淡麗」と豊かな自然から得た清冽な水で醸し、滑らかな口当たりとスッキリとした後味に仕上げています。

 

2週目 <朝日山 純米酒>

飲み応えとキレの良さが両立する純米酒です。
冷たくしてスッキリ、常温で味わいがあり、ぬるめのお燗では味のふくらみが更に増します。
お料理と飲む温度の組み合わせでより一層楽しめます。

 

 

★匠の逸品は…

1週目 <おまかせ刺盛り> 一人前・1200円〜(二人前より承り)

その日のオススメ鮮魚・8種類の盛り合わせ。
なんと+100円で1種類を「のどぐろの炙り」に変更可能!
約9割のお客様が変更するそうです。
この日の刺身は「のどぐろの炙り」「八海山サーモン」「赤ハチメ」「メジマグロ」「舟ベタ」「南蛮エビ」「サバの淺締め」、そして村上・岩船の希少ブランド「白皇鮃(はくおうひらめ)」の8種類でした。

 

1週目 <白皇鮃の昆布締め> 時価

匠・天野店長が大好物のため、大将と女将にぜひ食べてほしいと出していただいた逸品。
普通の昆布締めより塩を強めに利かせ、昆布の旨味をしっかりとすわせているという鹿嶋料理長の渾身のひと皿です。
なお希少な食材のため提供できない場合もあるそうなのでご了承ください。

 

2週目 <もずくしゃぶしゃぶ>

極太で食べ応えのある「佐渡の根もずく」通称”男もずく”を、ちょっと薄味にした優しい味の出汁にさっとくぐらせ、シャキシャキの食感と磯の香りを楽しむ人気の逸品。
男もずくの他「佐渡のめかぶ」「佐渡のミズダコ」「地場産野菜」もついてます。
匠・天野店長のおすすめは「〆のそうめん」。
もずくや野菜の旨味がでた美味しい出汁を存分に味わってほしいと、雑炊やうどんではなく出汁がよく絡まる細いそうめんをおすすめしているそうです。
そろそろもずくの旬が終わるそうなので、食べたい方はお早めにどうぞ!

 

2週目 <するめの天ぷら>

一夜干しのイカを天ぷらにした上越のソウルフード”するてん”。
生イカの天ぷらと違い、旨味が凝縮されています。
上越ではスーパーでも普通に売っており、ラーメンにのせて食べたりもしています。

 

場所 新潟市中央区東大通2-1-7 松屋ビル1F
TEL & FAX TEL:025-247-5106
営業時間 16:30〜25:00(L.O.24:00)
席数 38席
定休日 12/31・1/1
ヤン次郎兵衛の一言 天野店長も鹿嶋料理長も、そしてスタッフ全員からも「お客様に美味しいものを楽しんでほしい!」という思いがひしひしと伝わってきました。
料理が美味しいのは当たり前、お店の雰囲気や働く方々の心配りも美味しく味わえる、越後魂が詰まったお店でした。
ポッドキャストを聴く

ACCESS