Asahiyama Senmonten Izakaya Yanjirobei

Brought to you by 朝日山 FM NIIGATA77.5MHz

匠のお店紹介

隠れ家的なお店です。

1週目の乾杯酒は「朝日山 純米にごり」の炭酸割り。

店長の富樫智夏さん。ソムリエの資格を持ってます。

2杯目は料理に合わせて…

「朝日山 純米にごり」をぬる燗に。

香り、酸味、甘味がより引き立って美味しい!

シェフの富樫一仁さん。ご夫婦で営んでます。

OVのスペシャリテ「フラン」。この日の具材は佐渡ズワイガニ。

フルフルで優し〜い味わいです。

んっ… 五臓六腑に染み渡るなぁ…

2週目は「朝日山 純米吟醸」で乾杯!

グラスの形で香りや味わいも変化します。

2週目の食材は佐渡メジマグロ。

ソースはお酒に合わせて店長が指定。

どんな味なのか楽しみっ!

…旨いなぁ。

お酒と料理のマリアージュに感動!

フレンチの神髄を味わえました!

前へ
次へ

80万人のためのフレンチ OV

OV(オヴィ)は、鳥屋野潟にあった “a seasonal table Mare(季節の食卓・マーレ)”というフレンチレストランが前身で、2015年12月に現在の場所に移転オープン。
既存のフレンチの形にとらわれず、どなたにでも気軽に楽しんで頂くことをテーマ、お客様が『美味しい』と“笑顔”になれる料理と酒の最高の組み合わせ “マリアージュ” が楽しめるレストランです。

 

☆今宵の朝日山

1週目 <朝日山 純米にごり> 10~5月限定出荷

果実のような甘酸っぱい味わい、滑らかな口当たりが特長的な純米にごり酒です。
冷やすと爽やかな風味が広がり、リッチな甘味とともにすっきりとした余韻が楽しめます。
今回、ソムリエの資格を持つ店長のおすすめで、乾杯酒は「炭酸割り」、料理には35〜40℃のぬる燗でいただきました。

 

2週目 <朝日山 純米吟醸>

透き通った穏やかな香りで、口に含むと爽やかなうまみを感じる純米吟醸酒です。
冷酒でもぬる燗でも香味の良さを楽しめます。
乾杯酒はスッキリと「冷や」で、料理には香り立つ「60度の熱燗」でいただきました。

 

 

☆匠の逸品

1週目 <佐渡ズワイガニのフラン>

シェフこだわりのスペシャリテ! 新潟の海鮮を出汁に使った“洋風茶碗蒸し”。
フルフル食感の卵生地はクリーミーでコクがあり、それを佐渡ズワイガニの餡が優しく包み込んでいます。
体の芯から温まる、寒い冬にぴったりの逸品です。
ちなみに、餡の具材は時期によって旬の食材を使うそうです。

 

2週目 <佐渡メジマグロのレアグリル 〜 ソース・ヴァン ブラン>

外側を少しだけ焼き、中はレアに仕上げた“たたき風”のひと皿。
この料理も食材に“ネギ”を使ってくださいました。
ソースは「朝日山 純米吟醸」に合わせるため、店長がフランス料理では定番のヴァンブラン(白いソース)を指定。
お店が提案する最高のマリアージュを体験できました。

 

 

「お酒にまつわるエピソード」を募集中!

・お酒が背中を押してくれた話
・お酒がきっかけでつながった縁
・お酒を飲みながら語り明かした話 …等々

メッセージを送ってくれた方の中から毎月抽選で3名様に朝日山のお酒をプレゼント!
詳しくはこちら! → fmniigata.com プレゼントページ

 

場所 新潟市中央区堀之内50-11(1F)
TEL & FAX 025-250-7258
営業時間 ランチ・11:30〜14:00 / ディナー・18:00〜23:00 *共に当面は完全予約制
席数 4席
定休日 木曜日 & 金曜日のランチ
ヤン次郎兵衛の一言 富樫店長のお酒の燗する知識、そして探究心に脱帽!
お酒の温度の違いで、お酒自身の味わいや料理との相性がこんなに深まるのかと目から鱗の連続でした。
美味しい料理と日本酒との最高のマリアージュをぜひご体験ください!
ポッドキャストを聴く

ACCESS