Asahiyama Senmonten Izakaya Yanjirobei

Brought to you by 朝日山 FM NIIGATA77.5MHz

匠のお店紹介

こちらはバルへの入口。ヤンの後ろに居酒屋への入口あり。

匠の水沼さんは接客一筋20年のベテラン。

究極のメニュー「活オコゼの活き作り」!動くんですよ!!

こちらが ”バル” 店内。

「ゴルゴンゾーラのピッツァ・ハチミツかけ」の美味しさに驚く大将ヤン。

急遽追加の究極メニュー「うなぎかば焼き」。

看板娘のマオちゃんも一緒に。ご馳走さまでした!

前へ
次へ

Sakura Cider サクラサイダー

居酒屋とバルの2つの顔を持つ、一風変わったお店。

料理も和食と洋食の両方を取りそろえ、それぞれ専門の料理人が腕を振るっています。

いろんなシチュエーションで使い分けられることから、幅広い層に人気。

嬉しいことに朝日山全種類(萬寿盃・純米酒・千寿盃・百寿盃)が楽しめます!

 

★今宵のおススメは…

1週目 <朝日山 萬寿盃> 冷や

朝日山が誇る大吟醸酒。
「ハレの日の乾杯酒」をイメージし、上品な香りと柔らかにふくらむ味わいに仕上げています。
軽く冷やすか、常温がおすすめ。

 

2週目 <朝日山 純米酒> 冷や

飲み応えとキレの良さが両立する純米酒。
冷たくしてスッキリ、常温で味わいがあり、ぬるめのお燗では味のふくらみが更に増します。
お料理と飲む温度の組み合わせでより一層楽しめます。

 

 

★究極のメニューは…

1週目 <活オコゼの活き作り> 980円

寺泊産の活オコゼを丸々1匹使った活き作り。
お皿の上でオコゼが動くほど新鮮そのままをポン酢で頂きます。
繊細かつ淡泊でありながら旨みがじわりと広がり、フグ刺しにも引けを取らない味です。
釣り趣味の大将ヤン曰く、オコゼは捌くのが難しい魚がゆえに唐揚げ料理が多いのだとか。そんなオコゼからたっぷりの身をとれる板前さんの腕に感服してました。

 

2週目 <ゴルゴンゾーラのピッツァ(ハチミツ添え)> 980円

女子に大人気のイタリアン定番ピッツァ。
くせのあるゴルゴンゾーラを甘い蜂蜜が緩和して食べやすくなっています。
キンキンに冷えた朝日山純米酒が意外とぴったり!
新たな発見でした。

 

2週目 <うなぎかば焼き> 1800円

和の究極メニューには外せない「うなぎ」!
店内で捌いて焼いているという、サクラサイダーこだわりの逸品。
ふっくらと柔らかく焼き上げた身とカリカリの皮を朝日山純米酒で流し込めば、体中に幸せが広がります!

 

場所 新潟市中央区弁天1-2-12
TEL & FAX 025-248-6550
営業時間 ランチ:11:30〜14:00 / ディナー:17:00〜26:00
席数 60席
定休日 日曜日
ヤン次郎兵衛の一言 【匠:水沼 浩さん】
長髪・イケメン・ギタリストで私とほぼ同世代の水沼さん。
お客様とのふれあいが楽しくて始めた飲食業で接客一筋20年のベテラン。
調理経験は無しですが、料理に対する知識は豊富でメニューの内容など何でも応えてくれます。
どこかで会った気はするのですが… その話はいつかゆっくりと。
ポッドキャストを聴く

ACCESS